エスカレーター広告

エスカレーター広告とは、

エスカレーターを広告媒体として活用する取り組みです。

エスカレーター広告01.png

エスカレーター手すり(ハンドレール)

実際に人が乗るステップ、乗降口である床部分、サイドパネルや

スカートレールなど、いくつもの要素で構成されています。

エスカレーター広告02.png

UDエスカレーターの広告は、その中でも特に視認率の高い

手すり(ハンドレール)を中心に展開しています。

エスカレーター広告03.png

高い視認率で1階分の移動で約30秒間

利用者を捉え続けることができる広告媒体です。

そして手すり広告は、伝えたいメッセージを

エスカレーター利用者の手に直接届けることができます。

エスカレーター広告04.png

また、この手すり広告には事故防止効果のある

特許技術を活用した「ゆうどうマーク」が設置されています。

私たちは、日本にある7万基を超えるエスカレーター全てに

このゆうどうマークを設置し、転倒事故0の実現を目指しています。

エスカレーター広告05.png

しかし、設置には施工費用がかかり、エスカレーターを管理する

施設管理者の負担が重いのが現状です。

※1基あたりの施工費用が50万円とした場合、10基保有していると500万円の負担。事故防止のための費用捻出としては厳しい

エスカレーター広告06.png

その施工費負担を軽減するのが

手すり広告の媒体化です。

エスカレーター広告07.png

​UDエスカレーターの手すり広告を設置することにより

施設管理者の方は、事故防止という安全を強化することで社会に貢献をしつつ、

広告収益という営業収益を挙げられるという、大きな成果を得ることができます。