地下鉄仙台駅において、安全性向上を目的とした乗降者調査を行いました。

 

地下鉄仙台駅のエスカレーターにおいて、エスカレーター利用者の安全性向上を目的とした乗降者調査を行いました。

2021年3月16日、17日に仙台市交通局様と共同で、地下鉄仙台駅内のエスカレーターを対象に、AI画像解析を活用した乗降者の属性調査と、手すり掴み率、歩行率を調査しました。調査対象のエスカレーターには、弊社商品である「UDベルト」が貼り付けられております。(現在は撤去済み。)

当エスカレーターでは、仙台市交通局様がエスカレーターの安全性向上を目的とした様々な活動を行っており、弊社のUDベルトも、事故防止・啓発活動の観点から採用いただきました。施工後は各テレビ局が取材にくるなど多くの反響をいただき、今後も「UDプロジェクト」としてこの活動が継続できるよう仙台市交通局様と連携していきます。

乗降者の調査結果については、細かく分析し「UDプロジェクト」の今後の発展に活用する予定です。

引き続きよろしくお願いいたします。


エスカレーター「歩かず乗って」仙台市が呼びかけ(KHB東日本放送)