top of page

「仙台市交通局仙台駅」構内のエスカレーター手すりをバリアフリー化しました!

はじめに


2023年7月12日、

仙台市交通局仙台駅構内のエスカレーター手すりベルトに、当社特許である「ゆうどうマーク」をデザインし、バリアフリー化しました。



今回の手すり広告は年間利用者2,310万人(令和2年度実績)の地下鉄仙台駅にて、

東改札外にあるJRとの連絡口であるエスカレーター2基に施工しました。


バリアフリー化前のエスカレーターはこちらです。


下図はシートを貼りつける前と後の手すりを比較した写真です。

バリアフリー化したエスカレーターの手すりはコントラストがはっきりとし、手すりが目立つようになりました。



こちらはバリアフリー化後の実際の動画です。



今回は、キャラクターを通じて人々に癒しを提供したいと考えていらっしゃるIT企業様が、「ふ~たん」というキャラクターを世の中に発信すべく、弊社の技術をご活用いただくこととなりました。


さらに今回は、年に一度全国の鉄道会社や施設・自治体などが一環となって行う、「エスカレーター立ち止まって乗ろうキャンペーン」に付随し、利用者の方々にエスカレーターを止まって利用してもらうための啓発活動の一環となっております。


こちらは実際のデザインになります。


仙台駅ではバリアフリー企画に協賛いただいた企業様のメッセージと、仙台市交通局様の「歩かずに両側に立ち止まって。」という啓発文を交互に掲出しております。

ゆうどうマークにより手すりへ無意識に注目させつつ、言葉でも利用者にメッセージを伝えるようなデザインとなっております。


また、今回デザインに施されている「ふ~たん」とは、ハリネズミのオリジナルキャラクターです。

このキャラクターが生まれた背景としては、精神障害のある方へのサポートに関心がある今回の協賛企業様が、人々に「寄り添う」ようなキャラクターによって癒しを提供し、少しでもハンディキャップを抱えた人々へ役に立てれば、と考えたことから始まったそうです。今後は「ふ~たん」というキャラクターの認知を上げていく活動を通して、精神障害のある方々への理解を広めていけるような慈善活動を行っていくそうです。


おわりに

今回のデザインはいかがでしたでしょうか。


今後も施工報告の際は、施設やデザインなどのポイントを含めて紹介してまいります!


全国約7万基あるすべてのエスカレーターへの施工を目指して、これからも社員一同尽力してまいります。


最後までお読みいただきありがとうございました。

 

参考サイト

ふ~たん公式WEBサイト

仙台市交通局WEBサイト



Comments


bottom of page